航空券を安く手に入れる方法

株主優待券で更にお得に

旅行やビジネスで飛行機を利用する際に、その運賃を安く抑える方法があります。
航空会社はチケットの予約を出発より約1か月以上前までに行うと、運賃が半額以下になるサービスを行っています。
事前に出発の予定日が決まっていれば、そのサービスを利用すると運賃を安くすることができます。
ただし、お盆や正月など繁忙期では適用外の場合もあり注意も必要です。
さらに、急な出張なのでそのサービスを利用することも難しい人もいます。
そういうケースでは「株主優待券」を使用すれば国内運賃が正規料金の半額になるサービスを受けることができます。
この株主優待券を手に入れるには、航空会社の株を購入し株主となれば、1年に2回航空会社から株の所有数にあわせて、優待券が送られてきます。
ただし、株を購入するには多額の資金が必要となるので、気軽に優待券を手に入れる方法として金券ショップでも購入することができます。
株主優待券の相場としてシーズンにもよりますが、1枚5000円前後で販売されているため、航空券の片道運賃が2万円以上する場合、優待券を使用するとお得に飛行機を利用することができます。